医療ナビ なぜ、デメリットゾーンにいるときにステロイド剤を塗布するのが良くないのか?(前編)


ステロイド剤で痒みの感受性(強さ・頻度)が高まる

順天堂大学から発表された論文など(※1、2)では、痒みを知覚する神経線維は、角質層内の乾燥などにより、本来の真皮内から角質層内に伸びてくることで、皮膚への外部からの刺激などを痒みとして知覚しやすくなることが述べられています。

※1「Topical application of emollients preventsdry skin-inducible intraepidermal nerve growthin acetone-treated mice.J Dermatol Sci. 2011May;62(2):141. 」より
※2「アトピー性皮膚炎と皮膚感覚受容器 顕微鏡 Vol 46,NO.4(2011)」より

ステロイド剤の副作用には、皮膚の刺激感が強くなる、といったものがありますが、これはこうした痒みを知覚する神経線維の影響なども考えられます。

また、感染症などによるバリア機能の低下は、角質層の水分蒸散量を高めることになり、角質層の乾燥から同様の状況を生むことがあります。こうした痒みを知覚する神経線維を刺激することによる痒みの場合、ステロイド剤のような免疫抑制作用による抗炎症効果は、痒みを抑える作用機序が異なるため、十分に得ることができません。もちろん、痒みの神経線維を刺激して生じた痒みにより掻き壊しが生じれば、炎症も同時に生じますので、そうした二次的な炎症から生じる痒みに対しては効果を現わしますが、元の刺激を受けた神経線維から伝わる痒みを全て抑えることはできません。

ステロイド剤を使っていても、なかなか痒みが治まらないケースの中には、機能的異常としてこうした角質層内の神経線維が関わっていることがあります。

ドライスキンとの皮膚の比較

ステロイド剤の副作用に、皮膚の刺激感が強くなる、痒みの感受性が高まるというものがあります。

ステロイド剤を使っていても痒みが治まらないケースの中には、機能的異常として角質層内の神経線維が関わっていることがあります。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す