医療ナビ アトピーのプロアクティブ治療を考える(前編)


アトピーのプロアクティブ治療を考える

プロアクティブ治療とリアクティブ治療の違い

アトピー性皮膚炎の治療法は、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」により、薬物療法が主な治療法として定められています。そして現在の薬物療法は、症状が出たときに治療する「リアクティブ治療」と、症状が出る前やいったん症状が落ち着いた際に予防的に治療する「プロアクティブ治療」の2種類に分けられています。リアクティブ治療とは、症状が現れて病院に行った際に治療を受けることを意味していますので、 従来の治療法と考えてよいでしょう。
対してプロアクティブ治療とは、リアクティブ治療により症状が落ち着いてから、その後の再発を防ぐために行われる治療で、最近の皮膚科において主流になりつつある傾向が見られます。

プロアクティブ治療とは?

まず、プロアクティブ療法とは、どういった治療法なのでしょうか? 日本皮膚科学会ガイドライン「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版」に記載されていますので、その内容について見てみましょう。
「第1章」の「Ⅵ 治療」「3.薬物療法」「(1) 抗炎症外用薬」の項目内にある「c.プロアクティブ療法」についての記述です(下図)。

プロアクティブ療法

簡単に言えば、症状が軽快した後でも、ステロイド剤やプロトピック軟膏を、少しずつ間隔を空けながら塗布し続ける、という方法です。 九州大学のホームページ内にある「改定版 アトピー性皮膚炎についていっしょに考えましょう」 の「医師の視点で考えるアトピー性皮膚炎」の項目内「アトピー性皮膚炎におけるプロアクティブ治療」では、より具体的な方法が書かれています。

◉ 症状が軽快したあとも、外用の頻度を 減らしながら治療を継続します

プロアクティブ治療で大事なことは、それまで炎症があったすべての部位、つまり症状がなくなった部位にも塗るのが鉄則です。使用量ですが、発疹は軽快しているわけですので、フィンガーチップユニットの1/2量か1/3量で大丈夫です。ですから、プロアクティブ治療では1回10g 〜7gで全身を覆うようにします。あらかじめ保湿薬を全身に塗っておくと、少ない量で全身にのばすことができます。このやり方で、 隔日外用、週2回外用、週1 回外用と減らしていきます。ステロイド外用薬を塗らない日はタクロリムス軟膏と保湿剤を塗るという方法も効果的です。タクロリムス軟膏がひりひりしたりほてったりする場合は、保湿剤だけの外用でも構いません。ステロイド外用薬をたくさん塗っているように感じるかもしれませんが、週1回外用であれば全身で1週間に10g 〜7gしか塗って いないことになり、しかもコ ントロールは良好ですので、非常に効率のいいことがわかると思います。個人差がありますが、1回5g以下で全身に薄く塗っても良好なコントロールを維持している人もいます。このようにステロイド外用間隔を徐々に開けていき、2週間に1回あるいは4週間に1回だけ、ステロイド外用薬を全身に5g塗るだけで良好にコントロールされている方もいます。

◉ プロアクティブ治療中にも再発はあります

プロアクティブ治療で重要なことは、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏を毎日外用して十分に良くなった後も隔日外用し、再発がなければ週2回外用、週1回外用と、ゆっくり減らしていくことです。もちろん途中で再発(再増悪)は起こります。その時はまたフィンガーチップユニットの使用量で十分に毎日外用します。プロアクティブ治療中の再発はすぐにコントロールできますので、隔日外用、週2回の外用にすぐに戻すことが可能です。なお、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏を塗らない日でも、保湿薬の外用は毎日継続します。

と、書かれています。
今のところ、日本皮膚科学会では、このプロアクティブ治療によるリスクを大きく考えてはいないようです。
しかし、これまで、ステロイド剤やプロトピック軟膏の長期連用による弊害(副作用)を経験したことのある方にとっては、皮膚の症状が落ち着いてもステロイド剤やプロトピック軟膏を使い続けることに対する抵抗感が強いようです。
では、プロアクティブ治療のメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか?

アトピー性皮膚炎の現在の薬物療法は、症状が出たときに治療する「リアクティブ治療」と、症状が出る前やいったん症状が落ち着いた際に予防的に治療する「プロアクティブ治療」の2種類に分けられています。

プロアクティブ治療では、皮膚の症状が落ち着いているのにステロイド剤やプロトピック軟膏を使い続けることに対する抵抗感のある方が多いようです。プロアクティブ治療のメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか?

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す