医療ナビ 腸内環境を整えてアトピーを遠ざける日常生活のポイント


腸内環境を整えてアトピーを遠ざける

腸内環境を整えることが健康の基本

大腸は病気の発生源

大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患など、大腸は一番病気の種類が多い臓器です。さらには、アトピー性皮膚炎なども含めた様々な病気の発生源ともいわれています。
なぜ、大腸では病気が起こりやすく、体全体に影響を与えるのでしょうか? 大腸に住み着いている膨大な数の腸内細菌が、その原因です。
人間の大腸には、500〜1000種類以上、600〜1000兆個の細菌が住んでいるといわれています。それらの細菌が、大腸にどのように働きかけているかを調べてみると、善玉菌(体に有用な菌)・悪玉菌(体に有害な菌)・日和見菌(善玉菌と悪玉菌の優勢な方に味方する菌)の挙動がみえてきます。
健康な状態では、善玉菌20%・悪玉菌10%・日和見菌70%のバランスが保たれています。善玉菌が優勢であれば、日和見菌は善玉菌の味方となり、小腸から送り込まれた食べ物のカスが発酵して良好な状態を保ちます。このバランスが崩れて悪玉菌が優勢になると、日和見菌は悪玉菌の味方となって腸内では腐敗が起きやすくなり、体全体に様々な悪影響をもたらすのです。

乳酸菌がアトピー発病を抑えた

乳酸菌とアトピーの関係ここで、アトピー性皮膚炎患者の腸内細菌に関する研究を紹介しましょう。
エストニアとスウェーデンで行われた2歳児を対象にした調査では、アレルギー症状がある場合、クロストリジウムなどの悪玉菌が優位であったと報告されています。
フィンランドでは、アレルギー症状を呈している妊娠中の母親(出産6週間前)に、善玉菌である乳酸菌(L・ラムノーザスGG株)を与え、産まれた新生児とともに、同一の乳酸菌を6カ月間投与し、アトピー性皮膚炎の予防効果を調べています。

この調査は、乳酸菌入りカプセルを投与するグループ(64人)と乳酸菌が入っていないカプセルを投与するグループ(68人)に分けて進められました。調査に参加した132人の乳児のうち46人(35%)が2歳の時点でアトピー性皮膚炎と診断されましたが、このうち乳酸菌を与えられなかったグループでは68人中31人(46%)、乳酸菌を与えたグループでは64人中15人(23%)がアトピー性皮膚炎でした。この結果から、乳酸菌がアトピー発症を抑えたと考えられています。

健康の秘訣は腸内細菌のコントロール

アトピー性皮膚炎に限らず、大腸がん、肝がん、乳がん、インフルエンザ、花粉症など様々な病気においても、腸内環境を整える(善玉菌を増やす)ことが予防や症状改善につながるという研究報告が多数あります。
腸内には免疫細胞の70%が集まっています。腸内環境が整うことで免疫機能が正常に働き、様々な疾病の発症を抑えたり、悪化した症状を改善します。腸内細菌のバランスが崩れると、正常な免疫力が低下してしまうので、様々な病気の発生源となってしまうのです。
だとすれば、腸内細菌をうまくコントロールすることが健康の秘訣ということになります。大腸は病気の発生源となる臓器ですが、同時に健康な状態へとコントロールしやすい臓器でもあるのです。そのカギは善玉菌を増やすこと。では、善玉菌を増やすにはどうしたらいいのでしょうか。

大腸は病気の種類が多い臓器で、アトピー性皮膚炎などの発生源ともいわれています。腸内細菌である善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが崩れて悪玉菌が優勢になると、体全体に悪影響が及ぼします。

アトピー性皮膚炎はもちろん、大腸がん、乳がん、インフルエンザ、花粉症などでも、善玉菌を増やして腸内環境を整えることが、予防や症状改善につながるという報告があります。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す