医療ナビ 花粉と食物アレルギーの不思議な関係(前編)


花粉とアレルギーの不思議な関係

豆乳イラスト
大豆の加工食品は食べられるのに豆乳アレルギー?

独立行政法人・国民生活センターには、2008年あたりから「豆乳を飲んだらアレルギー症状が出た」という相談が度々寄せられるようになりました。症状としては、喉の痛みやかゆみ、鼻づまり、目のかゆみ、瞼の腫れなど。まれに重篤なアナフィラキシーのケースもありますが、口や喉に症状が出ることが多いことから、口腔アレルギー症候群(OAS:OralAllergy Syndrome)と呼ばれています。
口腔アレルギー症候群は、豆乳を飲んで十数分後に現れるケースが多く、一見して大豆による食物アレルギーかと思われがちです。ところがなぜか、これらの患者さんは、他の大豆加工食品(煮豆・味噌・醤油・納豆など)ではアレルギー症状が出ないといいます。
豆乳でアレルギー症状が出ているのに、大豆の加工食品ではアレルギーはでない。しかも症状は口腔部分に集中している。これはどういうことでしょうか?

豆乳イラスト豆乳アレルギーと花粉症の関係は?

もともと大豆アレルギーではないのに豆乳ではアレルギー症状が出てしまう。こんなタイプの患者さんには、いくつかの特徴があります。
① リンゴやモモ、サクランボなどの果物を食べた際にも、喉が痒くなるなど似たような症状が出ることがある。
② 豆乳によるアレルギー症状の相談は、4~6月の時期に多い。
③ 豆乳アレルギーを訴える患者さんたちの多くは、花粉症を併発している。

もともと大豆アレルギーではなく、花粉アレルギーがあるということは、豆乳アレルギーは花粉に関係しているのでしょうか?
患者さんたちの花粉アレルギーについて調べてみると、揃ってカバノキ科植物の花粉症であることがわかりました。ということは、カバノキ科植物の花粉に何か秘密がありそうです。

カバノキ科植物

豆乳で口や喉にアレルギー症状が出る「口腔アレルギー症候群」というものがあります。この患者は豆乳以外の大豆加工食品では症状は出ないのが特徴です。

口腔アレルギーの患者さんを調べてみると、白樺などのカバノキ科植物の花粉症であることがわかりました。豆乳とカバノキ科植物には関連があるのでしょうか。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す