医療ナビ 健康寿命と入浴


健康寿命と入浴

超高齢社会と 健康寿命

「健康寿命」という言葉をご存知ですか? 健康寿命とは、一生のうち介護の必要なく健康で自立した日常生活を送ることができる期間のこと。2010年の統計調査(厚生労働省)によると、日本人の平均健康寿命は、男性70.42歳、女性73.62歳でした。 
同年の日本人の平均寿命は、男性79.55歳、女性86.30歳です。平均寿命から平均健康寿命を引くと、男性で9. 13年、女性で12.68年となります。つまり死を迎えるまでのこの期間は、介護などを必要とし健康で自立した生活を送ることができない期間ということになります。 
健康寿命が長いほど、人は幸福であると言えるでしょう。いくら寿命が延びたとしても、健康寿命が短ければ、残りの人生は寝たきりなどの不健康な時間を過ごすことになります。その間の介護や医療負担も大きなものとなるでしょう。超高齢社会の日本では、今後ますます健康寿命の重要性が増していくと思われます。

健康寿命をのばすには?

では、健康寿命をのばすためにはどうしたらいいのでしょう?そのためには、がんや糖尿病、高血圧などの生活習慣病を予防する生活習慣を、若い頃から整えておくことが大切です。睡眠、食事、適度な運動などにより調和した生活リズムをつくり、化学物質など身体に害となるものを遠ざけた生活環境を心がけることです。  
生活習慣病を予防する生活習慣は、アンチエイジング(老化の進行を遅くすること)にもつながります。老化とは、加齢に伴い生体機能が低下していくこと。その主な原因は酸化ストレスによる遺伝子の修復障害と考えられます。酸化ストレスを防ぐ生活習慣が、アンチエイジングのポイントです。

入浴で健康寿命をのばす

入浴の効果生活習慣病を予防し、酸化ストレスから体を守り、健康寿命をのばすための有効な手段として、温泉の活用が注目されています。  
富山県のある町では、40歳以上の住民全員を対象として、温泉が健康寿命に与える影響を検証する調査が3年間におよび行われました。その研究によれば、温泉によく入る人のほうが、死亡・骨折・脳卒中が発生しにくいという結論が導き出されています。(参考資料:『温泉は健康寿命の延伸に寄与するか│温泉を利用した健康増進施設を開設したJ 町の3年間の追跡調査│』日本温泉気候物理医学会雑誌第69巻3号:2006年5月) 
温泉入浴には、血行を促進し、自律神経のバランスを整え、ストレスを低減するという科学的知見(エビデンス)があります。これらの効果が様々な疾患の治療に役立つことは、本連載でも度々取り上げてきました。古来から温泉に親しみ、入浴を毎日の生活習慣としてきた日本人は、温泉入浴が健康を増進させ長寿につながることを本能的に感じとってきたのでしょう。 
本連載では、温泉に出かけたり毎日の入浴で体をメンテナンスすることが、アトピー性皮膚炎の改善や健康な生活につながることを、医学的見地よりお話してきました。この連載記事をきっかけに、読者の皆さんが温泉入浴の効用と重要性を見直し、これからの健康管理に役立てていかれることを願っています。

平均寿命が延びても「介護などを必要としない」健康寿命が短ければ、死を迎えるまでの期間は寝たきりなどの状態になります。超高齢化社会になると、ますます健康寿命が重要になります。

健康寿命を延ばすためには若いころから「生活習慣病」を予防できるよう、生活習慣を整えておくことが大事です。睡眠・食事・適度な運動で生活リズムを作り、化学物質などを遠ざける環境作りを心がけましょう。

温泉入浴には血行を促進し、自律神経のバランスを整え、ストレスを軽減するというエビデンスがあり、これらの効果が様々な疾患の治療に役立ちます。もちろんアトピー性皮膚炎の改善にもつながるのです。

温泉入浴や自宅入浴の効用と重要性を見直して、健康寿命を延ばしましょう。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す