医療ナビ ステロイド剤治療の実態調査アンケート 結果発表(前編)


タイトル ステロイド剤アンケート

「日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診断ガイドライン※」では、アトピー性皮膚炎の「治療の目標」について、次のように定めています。
治療の目標は患者を次のような状態に到達させることにある。
① 症状はない、あるいはあっても軽微であり、日常生活に支障がなく、薬物療法もあまり必要としない。
② 軽微ないし軽度の症状は持続するも、急に悪化することはまれで悪化しても遷延することはない。

そして「薬物療法」については、次の通り述べています。
アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり、疾患そのものを完治させうる薬物療法はない。よって対症療法を行うことが原則となる。

現在、皮膚科の治療は原則的にこのガイドラインに沿って行われ、そのほとんどがステロイド剤治療が中心です。  
したがって、ガイドラインを理解した皮膚科医は、「ステロイド剤治療は、アトピー性皮膚炎を治癒させる治療法ではない」と認識していると考えられます。  
しかし、実際の治療現場では、「アトピー性皮膚炎はステロイド剤治療で治る」という誤った認識が多く、また、ステロイド剤治療による副作用などの影響について、医師側は強く否定している状況が見受けられます。  
しかし実際、ステロイド剤治療で副作用の影響などを受ける患者は後を絶たず、治療を行う側と受ける側の認識が、「ズレ」ている状況にあるのではないでしょうか。  
果たして、ステロイド剤治療は、皮膚科医が言うように専門医の指導のもとであれば安全に長期間継続できるのでしょうか?  
ステロイド剤治療について、アトピー性皮膚炎の患者さんたちはどのように考えているのでしょう?  

あとぴナビでは、あとぴナビ情報Webのメルマガ 読者の方(8.871名)を対象に、「ステロイド剤治療の実態調査アンケート」を2010年12月1日〜 2010年12月7日にかけて実施いたしました(有効 回答数318名、有効回答率3.5%)。  
ステロイド剤治療を現在行っている人、中断した人たちは、現在どのような状況にあり、どのように考えているのでしょうか? アンケート結果をもとに解説します。

※ 2008年に日本皮膚科学会が、アトピー性皮膚炎の診断基準、重症度分類、治療方法を統合した診断ガイドライン(2009年に一部改訂)。

日本皮膚科学会のガイドラインでは、アトピー性皮膚炎について、疾患そのものを完治させうる薬物療法はなく、対症療法を行うことが原則であると定められています。

しかし、実際の治療現場では「アトピー性皮膚炎はステロイド剤治療で治る」という認識が多く、ステロイド剤治療による副作用などの影響について、医師側は強く否定している状況が見受けられます。

ステロイド剤治療で副作用の影響などを受ける患者は後を絶ちません。果たして、専門医の指導のもとであれば、ステロイド剤は安全に長期間継続できるのでしょうか?

あとぴナビでは、ステロイド剤治療を現在行っている人、中断した人たちは、現在どのような状況にあり、どのように考えているのか、アンケートを実施しました。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった 評価 : 5.00 投票1人  
Loading...

コメントを残す