医療ナビ 感染症の克服がアトピーのカギ 感染症ってなに?どうしてかかるの?


アトピー・感染症にはステロイド剤は使ってはいけない!

■ステロイドをはじめとする、免疫抑制系の薬剤は厳禁

「『抗菌ペプチド』は、私たちの免疫力を上げる一助にもなっている」と前述しました。せっかく免疫力を上げてくれる天然のいい成分をヒトは体内に持ち合わせているのに、ステロイドやプロトピック(※プロトピックについてはリスクなどを後述します)などの「免疫抑制剤」を用いてしまうと、台無しにしてしまいます。

そうであるのに、ヘルペスなどの感染症に対してステロイドなどの免疫抑制剤が処方される場合も現実にあります。アトピーのメインファクターが細菌感染症であるという現実がまだ十分に理解されておらず、目に見えている「炎症」を抑えることだけを目的として、皮膚疾患にはなんでもステロイドという構図ができてしまっているようです。しかし、免疫力を上げない限り、感染症は真に退かせられません。免疫力を抑制してしまうと、感染症を悪化させることに他ならないのです。

■アトピーにも感染症にもステロイドはNG

ステロイドとはどういう薬剤なのかは「だけど一体『ステロイド』ってなんだろう?」(「あとぴナビ」2008年5月号掲載。Webあとぴナビにて掲載中)で詳しく説明しており、そこではステロイドはアトピーを根本から治すための薬ではないとも伝えています。アトピーにも感染症にも用いるべきでない薬剤なのですが、気をつけていても、皮膚科やアレルギー科以外でも出される傾向が強い薬でもあるのです。

「風邪をひいて鼻水が止まりません」「ではシロップを出しておきましょう」――。「シロップ」と聞くと、その甘いイメージから薬であってもソフトなもののように思いがちではないでしょうか。しかし、シロップにもステロイドが入っているものはたくさんあります。このように、耳鼻科や内科で出される薬にもステロイドは多く使われていることを知っておきましょう。ステロイドの内服でカポジが発症した例は多数あるのです。

感染症予防方法

アトピーの方の皮膚は黄色ブドウ球菌など何らかの菌に感染しており、それが回復を遅らせる原因となります。皮膚や汗に含まれる抗細菌活性作用が低いからです。汗に含まれる抗菌ペプチドは私たちの免疫力を上げてくれます。汗をかくことも大切です。

またアトピーによるストレスもバカにできません。楽しい時間を設け積極的に笑って過ごせる時間を持ってみましょう。笑うとアトピーの方には明らかに抗菌ペプチドが増えるという結果もあります。ぜひストレス解消を!

こういった抗菌作用を台無しにしてしまうのがステロイドです。免疫を抑制してしまうからです。免疫力を上げない限り目の前の炎症を抑えるだけになってしまいます。

アトピーの方が感染症にならないためには「ステロイドやプロトピックをつかわない」「過労や不眠を避ける」「うつしあいの連鎖を断つ」「皮膚をこすらない」こいうった点に注意して自己免疫力を上げていきましょう。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す