医療ナビ 感染症の克服がアトピーのカギ 感染症ってなに?どうしてかかるの?


title

kimata

監修:木俣 肇(きまた・はじめ)
木俣肇クリニック院長・医学博士
1953年京都生まれ。77年京都大学医学部卒業。
85年からUCLAに留学し、アレルギーの研究に従事。
アトピー性皮膚炎に関する研究を海外の雑誌に多数発表。
アトピー性皮膚炎患者の毛髪分析にて、ミネラル異常を世界で初めて報告。
アトピー性皮膚炎は適切な治療と、規則正しい生活、感情の豊かさ(愛情と笑い)によるストレス発散によって治療しうるとして、講演活動も積極的に行っている。

みなさんは感染症にかかったことはありますか?
実は、アトピー性皮膚炎(以下、アトピーと略します)の方の皮膚は、すでに黄色ブドウ球菌などの何らかの菌に感染していることがほとんどで、それが悪化しやすい皮膚の環境にあります。これがアトピーをなかなか治すことのできない原因のひとつになっています。
では、どうしてそうなるのでしょうか。

皮膚が感染症をブロックするしくみ

■「抗菌ペプチド」という強力なバリア

抗菌ペプチド
人間は、皮膚や汗の中に「抗菌ペプチド」というアミノ酸の結合体を持っています。これらには、抗細菌活性や抗ウイルス活性があり、この抗菌ペプチドのおかげで細菌性の感染症やヘルペス、カポジ水痘様発疹症などの感染症の発症を防いでいます。
皮膚にある抗菌ペプチドは、「デフェンシン」「カセリシジン」で、汗の中には「ダームシジン」が含まれています。

アトピーを患っていると、汗が十分にかけない、汗そのものが少ない傾向にあります。また、皮膚のバリアが壊れているという方も多いでしょう。この状態では皮膚と汗に存在する抗菌ペプチドが少ないため、抗細菌活性作用は低いということになります。菌に対するバリアが不十分なため、感染症にかかりやすいのです。「汗はかけているけれど、汗をかくとかゆみが増す」と、汗を毛嫌いしている方も多いかもしれません。しかし、汗の成分はこのように合理的です。抗菌ペプチド「ダームシジン」の存在は、私たちの免疫力を上げる一助にもなっているのです。

■ストレスを解消すると感染症にかかりにくくなる

みなさんは、よく笑っていますか?ストレスは発散できていますか?
アトピーの方には少ないと言われる抗菌ペプチドも、ストレスを解消することで増やせると実証されています。笑おうと言われても笑えない状況かもしれません。しかし、アトピーと闘わなければならない時期を迎えてしまった以上、今を暗い気持ちでこらえるだけでなく、お笑いや楽しい映画のDVD鑑賞などの時間を設け、積極的に笑って過ごす時期にしてみてください。この発想がアトピー改善につながります。

アトピーの方、そうでない方 20 人ずつに、映画『モダン・タイムス』(比較対照として天気予報も)を鑑賞してもらいました。そしてエアロバイクをこぎ、汗を採取。アトピーでない人たちには「ダームシジン」の量にそう変化は見られませんでしたが、アトピーの方には『モダン・タイムス』鑑賞で顕著な増加が見られました。

大いに笑って楽しみストレスが解消された状態で「ダームシジン」が増加したということは、ストレスを解消すると、抗菌活性力が高まることで皮膚のバリア機能も高まり、結果として感染症にかかりにくくなるといえます。

笑うと抗菌ペプチドが増える

次へ 1 2 3 4 5
この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す