医療ナビ 知っておきたい甘草・グリチルリチン酸の危険な話(後編)


2020_02_title2

2020_02_01

監修:三好基晴(みよしもとはる)
ホスメッククリニック院長
アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患、化学物質過敏症、電磁波過敏症、がんや糖尿病なのどの生活習慣病に対して、衣食住の生活環境を改善する診療をしている。

副作用はステロイド剤とほぼ同じ

2020_02_10

グリチルリチン酸が、アトピー性皮膚炎に「効いた」場合の作用機序は、「抗炎症作用」によります。つまり、免疫が抑制されたことで、炎症を抑え、その結果、皮膚の赤みやかゆみが緩和されることになります。この作用機序は、ステロイド剤の作用機序と全く同一であり、「効果が得られた」際のリスク、つまり副作用も、ステロイド剤の副作用とほぼ同じです。
もちろん、ステロイド剤による薬理作用とグリチルリチン酸の薬理作用が全て同一ではありませんので、ステロイド剤の連用により生じる副作用と全く同一というわけではありません。しかし、ステロイド剤の副作用で最もやっかいといえる「リバウンド症状」については、同様の症状が現れることがあります

リバウンドにも注意が必要

2020_02_11

皮膚の黒ずみ、体液の流出、かゆみの増大など、皮膚表面で現れる症状は、使用期間に比例して、その発現するリスクも増えてきます。
もっとも、グリチルリチン酸にはステロイド剤ほど強い抗炎症作用はないので、リバウンド症状が現れるリスクは、ステロイド剤ほど高くはありません、しかしいったんリバウンドが現れた場合、免疫抑制作用による感染症なども絡んでくることから、その後の症状の経緯は、ステロイド剤によるリバウンドと大きな違いは見られないことが多いようです。特に、、最近は、グリチルリチン酸が高濃度であることを「売り」にした化粧品も多く発売されているようですので、使用する側は、そういったリスクも十分に承知しておく方がよいでしょう。

自分の体でホルモンが作れなくなる

2020_02_12

そして、もう一つ心配しなければいけない副作用に、ネガティブフィードバック、というホルモンの分泌に関わる機能があります。
副腎からホルモンが分泌されるのは、下垂体から放出されるACTHという「副腎皮質ホルモン放出ホルモン」によります。
そして、副腎皮質ホルモン放出ホルモンは、さらに視床下部から放出されるCRFという「副腎皮質ホルモン放出ホルモン刺激ホルモン」により分泌されることが分かっています。視床下部においては、常に血中の副腎皮質ホルモンの量を測っており、一定量を下回ると、CRFを放出、副腎皮質ホルモンの濃度を一定に保とうとするわけです。
このACTHによる作用は、糖質コルチコイド、鉱質コルチコイドを問わず、副腎から分泌されるホルモン全てに関わっており、鉱質コルチコイドを連用した際に現れるアルドステロン症と同じ疑アルドステロン症が、グリチルリチン酸の連用により現れることがあることを考えると、一定量以上の、体内のホルモン量は、ACTHを放出するための、CRFの分泌を抑制することが考えられ、こういった外部からのホルモンを摂取したことによる体内のホルモンの分泌が抑制されることを「ネガティブフィードバック」と言います。

長期間の使用でステロイドと同じ副作用が

つまり、長期間のグリチルリチン酸の使用は、体内におけるネガティブフィードバックを引き起こした場合、本来、抗炎症作用の中心となるべき糖質コルチコイドの分泌までをも抑える可能性があり、ステロイド剤の長期連用により糖質コルチコイドの分泌に影響が見られた場合と同様の、リバウンド症状が現れる危険性も秘めている、ということです。
実際、過去に、ステロイド剤は使用したくない、ということで、グリチルリチン酸を含有するスキンケアアイテムを、アトピー性皮膚炎に「効く」ということで勧められて使用していた人が、長期間、一進一退の症状を繰り返し、その中断後に激しいリバウンド症状を起こした、そして、ステロイド剤のリバウンド症状と同様の経過をたどって回復した、という例は数多くあります。

ステロイド剤ほどの強さはないとはいえ、グリチルリチン酸の連用で、ステロイド剤の最もやっかいな「リバウンド症状」である皮膚の黒ずみ、体液の流出、かゆみの増大などが現れることがあります。

最近は、グリチルリチン酸が高濃度であることを「売り」にした化粧品も多く発売されているようですので、リスクも十分に承知しておく方がよいでしょう。

長期間のグリチルリチン酸の使用は、体内におけるホルモン分泌の抑制というネガティブフィードバックを引き起こす可能性があります。つまり、炎症を抑える働きを持つ、グリチルリチン酸と構造式が類似する塩類コルチコイドの分泌を抑える可能性があるのです。

ステロイド剤の長期連用により糖質コルチコイドの分泌に影響が見られた場合と同様の、リバウンド症状が現れる危険性も秘めているというわけです。

この記事を評価する
残念もう一度普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading...

コメントを残す