アトピー性皮膚炎の知識

医療ナビ アトピー性皮膚炎の改善は睡眠から

未評価です。

アトピー性皮膚炎の改善は睡眠で

睡眠は、アトピー性皮膚炎の方にとって、重要な生活習慣の一つです。
内分泌の関係、そして掻き傷の修復、さらには、強いかゆみを誘発したり、密接で深い関係があります。これから暑くなってくると、寝苦しくなって睡眠が取りにくい方も増えてくるのではないでしょうか? アトピー性皮膚炎の方の睡眠の傾向から、その対策に必要なことを考えてみましょう。

医療ナビ アトピー性皮膚炎の改善は睡眠からの続きを読む

医療ナビ なぜ、デメリットゾーンにいるときにステロイド剤を塗布するのが良くないのか?(前編)

未評価です。

デメリットゾーンでステロイドが良くないわけ

デメリットゾーンに入っても、ステロイド剤の使用を続けた場合、どのようにアトピー性皮膚炎に良くないのかを考えてみたいと思います。まず、ステロイド剤の薬剤としての副作用にはどういったものがあるのでしょうか?

医療ナビ なぜ、デメリットゾーンにいるときにステロイド剤を塗布するのが良くないのか?(前編)の続きを読む

医療ナビ 夏に向けてアトピーを悪化させないために知っておきたい心得(後編)

未評価です。

夏に向けてアトピーを悪化させないために知っておきたい心得

監修: 木俣 肇
木俣肇クリニック院長・医学博士 京都大学医学部卒業後、米国のUCLA に3年間留学しアレルギーの研究に従事。帰国後、ステロイドが、アレルギーを媒介する蛋白であるIgE 産生を増加させることを海外の研究者と違う実験系で見出し、海外の免疫学雑誌に発表。IgE 産生調節機構に関与している多数の海外の専門の研究者からの一連の発表で、ステロイドによるIgE 産生増加は免疫学者の常識となった。

医療ナビ 夏に向けてアトピーを悪化させないために知っておきたい心得(後編)の続きを読む

医療ナビ 夏に向けてアトピーを悪化させないために知っておきたい心得(前編)

未評価です。

夏に向けてアトピーを悪化させないために知っておきたい心得

今年もジメジメした梅雨の季節になりました。
この時季、そしてこれから本格化する蒸し暑い夏に、アトピー性皮膚炎の人に多く見られる感染症にはどういうものがあるのでしょうか。 感染症にかからないための注意点、そして、もしもかかってしまったらどうすればいいかなどを探っていきましょう。

監修: 木俣 肇
木俣肇クリニック院長・医学博士 京都大学医学部卒業後、米国のUCLA に3年間留学しアレルギーの研究に従事。帰国後、ステロイドが、アレルギーを媒介する蛋白であるIgE 産生を増加させることを海外の研究者と違う実験系で見出し、海外の免疫学雑誌に発表。IgE 産生調節機構に関与している多数の海外の専門の研究者からの一連の発表で、ステロイドによるIgE 産生増加は免疫学者の常識となった。

医療ナビ 夏に向けてアトピーを悪化させないために知っておきたい心得(前編)の続きを読む

医療ナビ 感染症に強くなる! スキンケア&入浴法

未評価です。

感染症に強くなる!スキンケア&入浴法

監修:監修:岩居 武 医学博士(いわい たけし)

1964年 大阪府出身。
徳島大学医学部を卒業後、大学関連施設を経て、病院院長などを務める。自身がアトピー性皮膚炎で、自宅温泉湯治の経験者でもある。

季節によってアトピー性皮膚炎の悪化要因は変化するもの。
梅雨から夏にかけての季節は、当然ながら、冬の乾燥時期とは違った対策が必要になります。
特に6〜7月の梅雨の時期は、感染症でアトピー性皮膚炎を悪化させるケースがよく見受けられます。
アトピー性皮膚炎で併発しやすい感染症とその対策、さらに夏のスキンケアと入浴のポイントを知って、夏を快適にすごしましょう。

医療ナビ 感染症に強くなる! スキンケア&入浴法の続きを読む