乳幼児アトピー対策食事メニュー


成長期別食事メニュー

離乳食初期の段階では、赤ちゃんの体の負担を考えて「薄味」が基本。無理に味付けをする必要はありません。

 

7~8ケ月

bah1_5_20野菜スープなどの味にも慣れてきて、離乳食準備期を終えたら、次は離乳食初期にはいります。

この時期は半流動食(ドロドロ状のもの〜舌でつぶせる固さ)を徐々に与えて、飲み込む練習を始めます。まず1日1回から始め、母乳やミルクとの量のバランスを考えながら与えます。

最初は口をあけたままで飲み込みますが、だんだん口を閉じてごっくんするようになります。

味つけは赤ちゃんの身体の負担を考えて、なるべく薄味を心がけましょう。
食材の持ち味をいかすことを心がけ、無理に味つけをする必要はありません。

野菜煮のすりつぶし

材料

玉ねぎ、人参、キャベツ、大根など

作り方
  1. bah1_5_22野菜を水で煮ます。
  2. 柔らかくなったら取り出して、よくすりつぶします。
  3. だし汁でのばします。

※そして始めのうちは、単品ずつ与えるようにして、調理形態はどろどろ状というより水っぽくてよいでしょう。

うどんのくたくた煮

材料

うどん, だし汁またはおみそ汁の上ずみ

作り方
  1. bah1_5_23うどんは味つけをしないで茹でます。
  2. 茹で上がったら軽くつぶし、だし汁をかけます。

※この時、お味噌汁の上ずみをかけてもよいでしょう。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 3.50 投票4人  
Loading ... Loading ...

乳幼児アトピー対策食事メニュー」への1件のフィードバック

  1. ちゅんこ

    離乳食のタイミング、迷っていました。歯の生え方を考えるというのは、目からウロコ!とても理にかなっていますね!

    返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>