乳幼児アトピー対策食事メニュー


成長期別食事メニュー

赤ちゃんが、噛むことができるようになってきます。大人の食べるものを欲しがるようになりますが、味付けや調理形態が異なりますので、何でも食べさせることは控えましょう!

 

15~16ケ月

bah1_5_34離乳食完了期になると、形がある食物を噛みつぶすことができるようになり、栄養源の大部分が乳汁以外の食物から摂取されるようになる時期です。

だんだん歯で噛めるようになりカミカミしてきます。
この頃になると大人が食べているものを欲しがりますが、大人と子供では味付けや調理形態が違いますので、欲しがるからといって何でも食べさせない様にしましょう。

調理形態は厚焼き卵状(固さとして)のものが良いでしょう。

かぼちゃのそぼろがけ

材料

かぼちゃ, ひき肉, だし汁, しょうゆ, 砂糖

作り方

bah1_5_35

  1. かぼちゃを細かく切って茹でます。
  2. ひき肉をよくいって、だし汁と少量のしょうゆ、砂糖で薄く味つけをします。
  3. それをかぼちゃの上にかけます。

フレンチトースト

材料

卵, 牛乳, 食パン

作り方

bah1_5_36

  1. 卵を溶いて
  2. その中に一度沸かしてさました牛乳を入れて薄めます。
  3. この中に、食パンを入れてよくしみ込ませます。
  4. フライパンで両面キツネ色になるまで焼きます。

※卵、牛乳などにアレルギーがある方はご注意下さい。
尚、この月齢以降では慣らす意味も含めて、これらの食材を利用したメニューをご紹介していますが、
原則、加熱して利用することをお勧めします。

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった 評価 : 3.50 投票4人  
Loading ... Loading ...

乳幼児アトピー対策食事メニュー」への1件のフィードバック

  1. ちゅんこ

    離乳食のタイミング、迷っていました。歯の生え方を考えるというのは、目からウロコ!とても理にかなっていますね!

    返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>