巻き込み子育てで目指すはたっぷり睡眠、はつらつ子育て

監修:川上一恵 先生

読者座談会 本音で子育てトーク
「夜のかゆみどうしてる?」【3】

ママも睡眠不足になりますよね?

そうなんです。眠りが浅くて、子どもが寝返りをした音で目が覚めちゃう。本当にいつも寝不足の状態でした。睡眠不足がたたって、私自身がヘルペスになってしまったこともあるんです。
うちはまだ、そこまではひどくないようです。ただ私は、自分がアトピーですから、睡眠には気を使っているんです。ただでさえ、子どもって、なかなか思ったようには寝てくれないでしょう。眠れないのは本当につらいですね。何か眠らせるための工夫はありましたか?
ウチの場合、子どもは昼寝させるのですが、主婦の私はそういうわけにはいきません。子どもが昼寝をしているときこそ、家事をする唯一の時間ですもの。もう気力と体力で乗り切ったっていう感じ。今になって思えば、時には家事の手抜きをしてもよかったなーと。

ホント。10分でも昼寝できると、全然違うから、ちょっとでも昼寝したほうがいいですよ。
それで、授乳するときに子どもと一緒になって横になり、添い寝するようにして母乳をあげたりしました。少しでも自分の負担を減らしたくてやったんですが、横になっているだけで、体はとっても楽でした。
なるほどー。
授乳したまま子どもが寝ちゃったとき、そのまま眠らせることができるのもよかったですね。起きて授乳していると、せっかく寝てくれても、布団に入れるとき起きてしまうでしょ。添い寝授乳※にはそれがないというメリットがありました。
私は、いつも冷蔵庫にお絞りを冷しておいて、それで拭いてあげました。冷すとかゆみが引きますから。
※編集部より:横に寝たままの授乳は赤ちゃんの窒息の危険もありますので、ご注意ください。

周りの協力はどうでしたか?

1〜2カ月の頃は、外出もできず、気分転換ができなくて大変でした。私は、両親と話すことで、ストレスを解消していました。外出できるようになってからは、公園でほかのお母様方と話すのが、情報収集にもなってよかったですね。
そうですね。上の子の幼稚園のママたちには、たくさん助けてもらいました。大変だろうからって交代でおかずを作って持ってきてくれたり、上の子をあずかってもらったり。私自身のアトピーがひどくなったときは、体を動かすこともつらかったので、心底ありがたかったです。
わあ、理想的ですねー!
症状がひどくて外に連れ出すことさえ躊躇したんですが、子どものアトピーのことは隠さないほうがいいですよ。最初は「どうしたの?」って感じの視線が気になったけど、少しずつ上の子の幼稚園に一緒に連れて行って、わかってもらえるようになりました。そのほうが、自分が楽になれると思います。それから、ビデオを見る。もう飽きるほど(笑)。

私もビデオはよく見ましたね。ビデオを見ているとかゆがらないし。あとはドライブや、公園のママ仲間とのおしゃべりですね。仕事で忙しい夫も、子どもの入浴は手伝ってくれたので、助かりました。ママ仲間でも、オムバスのカウンセラーでも、夫でもいいので、相談できる人を持つことではないでしょうか。
すごく大事ですね。
とっても参考になりました。さっそく実践してみます!
 

寝不足の日々が続くと、本当に追い詰められるものです。
子供が寝てくれた時に家事を多少さぼっても、仮眠をとることが大事なようです。

また、本当にSOSを家族に訴えることで、協力してくれるもの。すぐにあきらめず、そして一人で決して抱え込まずに、家族や相談員に話を聞いてもらうことも大事なことですね。

 

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

巻き込み子育てで目指すはたっぷり睡眠、はつらつ子育て」への1件のフィードバック

  1. E子

    夜にぐずって泣かれると、こちらにも余裕がなくなり、追い詰められた気持ちになります。大変なのは自分たちだけのような気もちや、もうずっとこのままなんじゃないか、って不安にも…。
    でも、違うんですよね。座談会のお話を読んで、自分だけじゃない、他にも大変な思いをしてきた人がいる、しかもちゃんと良くなってる!ってことが実感としてわいてきました。
    あとは、周りの人とのコミュニケーションが私の課題かなぁ…。

    返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>