巻き込み子育てで目指すはたっぷり睡眠、はつらつ子育て

監修:川上一恵 先生

読者座談会 本音で子育てトーク
「夜のかゆみどうしてる?」【1】

NN1

お子さんは何歳ごろアトピーになったのでしょう?

生後11カ月頃でした。手首の内側に炎症ができるようになったのが最初。離乳食を始めた時期だったからか、口の周りもただれてきて。主人と相談して病院に行き、薬が効いたのか、症状はひいたんです。でもちょっとするとまた出てくる。それを繰り返しているうちに、だんだん症状が広がって。ステロイドの副作用が心配になって、4カ月ほどで薬をやめたときには、アトピーが相当ひどくなっていて、背中にも症状は出ていました。

大変だったんですね。その後はどうですか?

オムバス式入浴を始めて、現在は7歳ですが、アトピーとはわからないくらいに元気になりました。

堀籠さんはご自身もアトピーだったんですよね。

そうなんですよ。遺伝がとても心配でした。上の子は全然アトピーではないのに、下の子は6カ月ごろからアトピーが出始めたし。ステロイドを使いたくなかったので、症状が悪化して、もう全身真っ赤っか。外出すると人目が気になるんですよね。今はもうすっかりよくなりましたが、本当に大変でした。
うちの子はまだ4カ月で、頬の部分が赤く乾燥してカサカサになっています。乳児湿疹だとは言われていますが、心配です。私がアトピーなので、子どももアトピーが出るんじゃないかと不安ですし、子どもにはあのつらさを体験させたくないですから。藤田さんと堀籠さんには、今日はいろいろ教えていただきたいです。

お子さんの症状が悪かった頃、夜はかゆがっていましたか?

かゆがって眠れませんでしたね。かゆみのせいで眠りも浅いみたいで、ちょっした物音でもすぐ起きちゃって。
そうすると、かゆみで火がついたかのように泣き、血まみれになりながら体中を掻いては、疲れ果ててやっと寝るという繰り返しでした。私自身アトピーのかゆみを知っているので、掻くのを止めさせられなかった。
掻き壊さないように、爪だけは常に切ってやりましたけど。それから毎晩、子どもがかゆがると起きて背中をさすってあげたり、掻いてあげたりしてました。「そこじゃなくて、もうちょっと右」とか「もっと強く!」とか言われながら。
そう、そう! 「もっと真ん中へん!」「真ん中ってどこよ?」ってね(笑)。ウチも薬を止めた頃から、2〜3時間おきに目を覚まして。そのたびに掻いてあげたり、さすってあげたり。滲出液で下着がベトベトになるから、下着を替え、手を洗い、とにかく睡眠不足。あれは本当につらかったですね。
 

わが子がかゆがる夜が続くと、寝不足で精神的にも肉体的にも追い詰められていきます。
そんな時、家族間の協力やさまざまな工夫で、少しでも負担を分散できたらいいですね。

 

この記事を評価する
残念もう一息普通参考になったとても参考になった まだ評価されていません
Loading ... Loading ...

巻き込み子育てで目指すはたっぷり睡眠、はつらつ子育て」への1件のフィードバック

  1. E子

    夜にぐずって泣かれると、こちらにも余裕がなくなり、追い詰められた気持ちになります。大変なのは自分たちだけのような気もちや、もうずっとこのままなんじゃないか、って不安にも…。
    でも、違うんですよね。座談会のお話を読んで、自分だけじゃない、他にも大変な思いをしてきた人がいる、しかもちゃんと良くなってる!ってことが実感としてわいてきました。
    あとは、周りの人とのコミュニケーションが私の課題かなぁ…。

    返信

コメントを残す







次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>